悪徳探偵社に浮気調査を依頼した結果、不当な請求をされるケースが発生しています

配偶者や恋人が浮気をしていると感じた場合、しっかりと証拠を集めることが大切なので、探偵業者に浮気調査を依頼するのが一般的です。多くの探偵業者があるため、どの業者に依頼するかをきちんと考える必要があります。悪徳な探偵社に浮気調査を依頼してしまうと、さまざまなトラブルに巻き込まれる危険があるのです。特に、料金面で不当な請求をされてしまうケースが目立っているので、注意しなければなりません。探偵社は、きちんと探偵業法に従って業務を行う必要があります。探偵業法違反で営業停止命令などの行政処分を受ける探偵社も出てきています。
探偵社の行動が探偵業法違反に該当するかどうかは、一般の依頼人には分かりにくいものです。探偵社を選ぶに当たっては、料金などの情報を適切に開示している業者を探すことが大切です。ウェブサイトなどの表示が曖昧な探偵社は、探偵業法違反に該当する行為をしている可能性があります。また、過去に営業停止命令などの行政処分を受けたことがある業者を避けることも大切です。
探偵に浮気調査を依頼する際は、営業停止命令や行政処分に関する知識を持っておくことが望ましいです。十分な知識を持って依頼に訪れるようにすれば、不当な料金を請求されるトラブルを防ぎやすくなります。探偵業法違反は、分かりやすいケースもありますが、一見すると正当な請求に見えるケースもあるため、慎重に判断しなければなりません。適切な探偵社を選ぶポイントは、最初から1社に限定することを避けて、複数の探偵社を比較することです。複数の探偵社で料金などの説明を受ければ、信頼できる探偵社かどうかを判断しやすくなり、探偵業法違反の業者に依頼せずに済みます。

このページの先頭へ