信頼できる良い探偵社を見つけるには?探偵の選び方を教えます

どうしても何かを調べる必要が出たときに、興信所や探偵に頼む事になるでしょう。
興信所は、企業の取引先の信用調査などに利用されており、身元を明かして調べる事が多いものです。

そういう点では、個人的な調査を依頼する場合は探偵に頼む事が好ましいでしょう。

探偵社は興信所と違い身元を隠し、徹底的に手間と時間を掛けて調査をして行きます。

浮気調査や、行方不明者の調査、盗聴器発見や、ストーカー被害など、依頼主の個人情報を保護しつつ内密に調べあげるのです。

いざ依頼する場合、どうしても気になるのが「依頼を考えている探偵社が信頼できる良い探偵社なのか?」ではないでしょうか。

誰でも探偵と言う物には、縁が無いものです。
ですから、善し悪しの見極めが出来ないのは当然です。

…というわけで本題です。

良い探偵社を選ぶ方法をご紹介します

探偵業届出証明書をチェック

まず、一番大事な事は公安に探偵業届出証明書を提出している事です。
2007年から、公安に届け出をする事が義務付けられています。これをしていない場合は、何かやましい部分があるからと言えるでしょう。選択肢から外しましょう。

行政処分の有無をチェック

また、行きすぎた調査を過去にしてしまった場合は行政処分を受けている可能性があります。
過去の行政処分の有無も調べる事も良いでしょう。警察庁のwebで調べる事が出来ます。

トラブルを避ける意味でも、この辺りは押さえて置いた方が無難と言えるでしょう。

後は、一般的なチェック項目です。

探偵社に電話してみましょう

探偵社に電話を掛けてみて、その対応で貴方自身で調べるのです。

この場合は、料金形態など詳しく聞いてみる事をお勧めします。

明確な料金形態を提示出来ない場合は、請求金額が調査終了時にとんでもない額になる可能性があります。

電話相談の参考にしてください

探偵に浮気調査の電話相談をする際に質問しておくべきこととは

探偵社を一度訪ねてみましょう

幾つか依頼先候補がでましたら、一度事務所を訪ねてみる事も必要でしょう。

外観や、雰囲気から信頼できるかどうかと確認します。

最近では、依頼主の近くの喫茶店などに出張可能な事務所が増えています。

その場合は、相手が見えないというリスクを背負う事になります。

出来るならば自ら出向き、間違い無い依頼先かどうかを確認する事をお勧めします。

注意点

ただし、電話問い合わせ時に「取りあえず事務所にお越し下さい」と詳しい話をしたがらないという場合は、訪ねた時点で契約をさせられる可能性がありますので、注意が必要です。

最後に

依頼者が調査資料をつかい離婚裁判など法定に持ち込みたい場合の注意です。調査書によっては、公的資料として使えないレベルの物も存在します。目的を明確に伝え、裁判資料として提出する場合は使える物を提出できるのかどうか確かめて置きましょう。

このページの先頭へ